人気ブログランキング |

ARGYLL アーガイル詐欺事件 ハッサン 聖子 三井 健氏らの手口

投資詐欺というようなものが存在して、まさか自分が引っかかるとは思いもよりませんでした。
まさか、嘘を平気でつくような人が近所に住んでいて白昼堂々と投資詐欺を募っているとは。
なんとも間抜けな話ですが、事実を公表していきます。

三井 健という、東京都多摩市でアリーシアカフェを経営している人物が、接触してきた。
彼は、モリンガとう地球環境保護に役立つというお茶を輸入販売しているという事で、地元では、有名な人だと紹介された。
古いが、赤いオープンカーとベンツを保有しており、不動産も持っている人物である。
しかし、悪い噂はあった。ボランテアを週3日やっていると自ら公言していたが、聖蹟桜ヶ丘の事情に詳しい人物によると彼は、何も考えていないししていない。本当に空っぽの人間だ。ということだった。
見かけもチャラい人物で軽い人間に見えた。
これまで、このようなチャラい人間とはほとんど付き合いがなかったのであるが、人を悪くいうのはよくないと思っていた。

そんな三井健が、投資話を持ちかけてきたのは、確か2017年4月頃である。
三井健は、カフェの経営は、妹夫婦に任していて、なにも収入はない。自分は金をだすだけ。
と吹いていた。レジを導入するにあたり、消費税増税対策の補助金の申請を妹夫婦が全然申請しないのが、
すげームカつく。酷くない?
レジ代をどうも三井健が払ったということのようだった。

カフェって儲かんないし、一切収入はないけど、俺はこれ。と言ってスマホの画面を見せ始めた。
それが、Argyll アーガイル だった。
知り合いから、元全日空のパイロットを紹介されて、その投資グループに入れた。
それは、新宿の中野坂上に事務所があって特別な人しか入れないグループだと鼻息が荒かった。
私は、投資には全く興味はなかった。
しかし、翌日とそのまた翌日と現れ、その投資についていつも説明していた。

ブックメーカーって知っている?
スポーツとかにどっちが勝つかに賭けて配当をもらえるもので、政府が公認しているものでさ。
そのブックメーカーがオッズを決めるんだけど、例えばメジャーリーグの試合があって
AというブックメーカーとBというブックメーカーが予想を立てて掛け率を決めるんだ。
でも、AとBでは、オッズが違うから、それをアーガイルのシステムが計算して、
Aにいくら、Bにいくらて賭けるんだ。
そうすると、どっちが勝っても負けても絶対に配当がもらえるんだ。
だから、ギャンブルじゃなくて必ず配当がもらえるんだ。
最初は資金が必要だけど、もう1000万くらい突っ込んで、今は月50万のリターン。
投資はもう全部回収したから、これからあとは全部利益。
中野坂上の事務所で現金化できるから月1−2回行って現金化できるんだ。
ハッサンっていう元全日空のパイロットがやってくれるから配当は無税なんだという事だった。
現金化できているんですか?
と聞くと頷いた。
月50万で投資金額はもう回収したんですか?
と聞くと、もっと投資するけどね。
という答えた。

へ〜すごい人がいるもんだ。
と話をすっかり信じてしまった。
今思えば、チャラい軽い人間とは付き合いがなく、どちらかと言えば嫌煙してきた。
真面目でいつも残業しているような重くて暗い自分を変えないといけない。と考えていた。
チャラい人間の嘘を見抜くどころかこれからは、誰でも積極的に受け入れようと思っていた矢先の出来事だった。

by tokyoaho | 2019-10-25 13:02 | Comments(0)